〒 869-1218 熊本県菊池郡大津町吹田1199−9   自然葬を考える会 096-293-1159
生命と海について


           ■人体は海を持っている?


皆さんは人体の70%は水分である事をご存知だと思います。
 又、涙したり、汗かいたりしてその味のしょっぱさは海水みた
 いな塩味がします。
 血液もまた海の成分と似ています。
 私たち人体の成分も海の成分とそっくり似ています。

 さらにお母さんの体内、子宮の中の羊水もしょっぱくて海水の
 成分とよく似ているのです。
 胎児がお母さんの体内の羊水に守られて生きている事は、
 海の中に宿る生命と同じ環境にあると言えましょう。

 
 約38億年前に生命が誕生した歴史でも「海」は生命の母で
 あり、人間の先祖も海で生活して、進化の過程で陸地に住み
 着いて現在に至る歴史論があるのも事実です。


 歴史的にも、又人体成分の科学的データからも「海」と「生命」は密接な関係があると思われます。

 陸地に生息するにあたって海の成分を体内に集約した生き物かも知れませんね。




                           ■地球の陸地は70%の海に囲まれている。
                                                       


私達の住む地球でも70%を海が占めて、残りの30%が陸地
 で覆われています。
 人間が住んでいる陸地は地球全体のわずか30%で、     
 その陸地30%の中でも人間の住める平地はごくわずかです。
 私たち地球人はそのわずかな土地でひしめき合って
 生活しています。
 

海の中にも山あり、谷ありで一番深い海がチャレンジャー海淵
 の最深部の水深値は10,920m±10mと測定され、
 陸地で一番高い山、チョモランマ(エベレスト)8,848mが
 すっぽりと収ってしまいます。

 この様に海の中の海底には陸地以上の広大なもう一つの
 世界が存在しています。






そこで貴方なら永遠の眠りを希望する場合、陸地を選びますか? それとも海の世界を選びますか?